つい部下に「キレて」しまう
自分にお悩みの方へ

月2回のセッションで
キレる自分とおさらばできる

サービス一覧

メンタルのマネジメントをすることで、仕事も家庭にも平穏な日々がもたらされます。それだけでなく、自分のやりたいことをやり、やりたくないことを回避することができるようになります。3つのプログラムがありますが、これ以外にもオーダーメイドでのメンタルマネジメントプログラムも実施しております。

アンガー
マネジメント
プログラム

コントロールしにくい感情が「怒り」表面的に怒りを鎮めるのではなく、怒りが湧いてこないメンタルに整えていきます。

セルフケア
プログラム

自分を責める、自分に自信がない、やりたいことが長く続かない。自分自身への肯定感がとぼしく、自身の成長が感じられない方にお勧めです。

カウンセリング
コース

親子関係、兄弟姉妹関係、職場やコミュニティにおける人間関係にお悩みの方を対象にしたコースです。定期的なカウンセリングを通じて解決していきます。

最新記事

人間関係、感情の整え方に関する記事を作成しております。

お客様の声

プログラムやコースをとられた方の声です。

普段は怒りっぽいとは思っていなかったけど、結婚して子育てしている中で、イライラが募り、夫や子どもに当たってしまうことがありました。初めは「相手が悪い」という思いでいましたが、ある時「なんでこんな些細なことで腹を立てているのか?」が気になってアンガーマネジメントを学びました。初めは辛かったけど、プログラムを受けていく中でかなりの変化を得ることができました。家族の関係も良くなりました。(30代 主婦)

部下にキレてしまう。しかも、長いときは1時間説教する。こんな働き方をしていても会社の生産性も上がらない、下手すると社員が辞めてしまう。そんななか売り上げを出さないといけない焦りもあり、相当に苦労してしまう自分がいました。本を読んでも、動画講座で学んでもなかなか改善しないので、プログラムを受講。今では自分でケアをするだけでなく、社員のケアもできるようになりました。自分でも驚くほど変化がありました(40代 会社経営)

どうやってアンガーマネジメントをする?

アンガーマネジメントをするのに特別なスキルは不要です。自分に起きたできごとをふり返って言葉にするだけです。その中で得た気づきの積み重ねが怒りを抑える自分をつくっていきます。すべてのプログラムでは以下の3つを大切にしています。

話す

多くの場合、怒りの話は恥ずかしいので人に話せません。怒りに関連するできごとやそのとき感じた気持ちを言葉にするだけでもアンガーマネジメントの効果を得ることができます。話さない(話せない)ことがストレスとなり余計にキレやすくなってしまいます。

ふり返る

自身の行動、言動、考えたこと感じたことを振り返ること、自己肯定感が高まります。特別なスキルやワークは不要です。自己肯定感が高まれば怒ることが遠のいていきます。自身のふり返りは自分を慈しむ時間になります。この時間をあえてとることで、自分の怒りだけでなく、根本にある「弱さ」を受け容れることができます。

気づく

自身を振り返ることで様々な気づきを得ることができます。特に怒りに関するエピソードはカッとなって我を忘れている分、ふり返っていくなか、それまでと違ったとらえ方ができるようになります。しかも、この気づきの積み重ねが、この先の生き方に大転換をもたらす可能性すらあります。

お買い物カゴ