仕事に対する考え方が変わって来ている。

かつては仕事至上主義であった。

仕事だから休みが取れないのは仕方ない。

仕事があるから急に家族の用事をキャンセルするのは仕方がない。

仕事している人はエラい。

なによりも仕事だった。

仕事が人生の全てであるという考え方をしている人もいたし、そう考えないと行けないと考えていた。

だから残業をする、休日出勤をする、休暇を取らない。

仕事、仕事、仕事・・・

という日々を過ごす。

日本の高度経済成長を支えたのはまさにこの仕事至上主義である。

しかし、今はちがってきている。

仕事は人生の一部であり、生活の一つのシーンに過ぎないのだ。

今の仕事がいやなら変えればいいし、疲れたのであれば休めば良いのだ。

仕事を優先する生き方が悪いとは思わない。

しかし、その価値観を他人にまで押し付けるのはどうかと思う。

仕事は一部でしかない。