コラム11 あなたが何をやりたいかでエントリーシートは違ってくる

コラム11 あなたが何をやりたいかでエントリーシートは違ってくる

 エントリーシートに迫力を出す

自分が何をしたいのかをきちんと明確に書くことでエントリーシートに迫力が出ます。

その迫力があなたに会ってみたいと思わせるのです。そして面接も高い期待を持たれた状態でスタートします。これはとても有利です。

そのためには自分が何をしたいのかという軸をしっかり持つことが重要です。

  • エントリーシートに自分の思いを込める

就職活動でついやってしまいがちなのが、待遇面で就職先を選ぶことです。

1番は給料、それから各種手当や福利厚生、その他は家から近いとか、転勤があるかどうかとか、研修制度などなど。もう一つが起業ブランドに惹かれること。

誰もが知っている有名起業、外資系の巨大企業などです。待遇面や起業のブランドが自分の希望に叶うものであればそれでもよいのです。

しかし、大切なのはどんな仕事をしたいか、どんなことにやりがいを感じるかということです。

就職先の状況に自分の希望をフィットさせるのではなく、自分の希望にあった就職先を見つけるのです。ここをはき違えると仕事に飲み込まれてしまいます。仕事が人生ではないのです。

人生の中に仕事があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です