就職活動において、採用者にインパクトを与えるのはあなたのオリジナリティです。

面接で他人と違うなと、面接官に思わせるのは、あなた自身から出た言葉です。

同じことを伝えるにしても、借りてきた表現とあなた自身から出た言葉では重みが違います。

たとえば、グローバルに展開している企業に勤めたい。

Aくん。御社のグローバルな展開が今後、世の中にとって必要になると思います。

Bくん。私は世界の人が言葉の壁を超えてもっと近くに互いを感じられるようになってほしい。そういうおもいがあります。御社がいまグローバルに展開している事業の一つ一つをもっと、地域に還元していきたいと考えています。

おなじ、ようにその企業のグローバルな展開を伝えていますが、自分の思いが入るかどうかで伝わり方のインパクトは全然違ってきます。

このインパクトを与えるために必要なのが

自己分析です。

自分の中にどんな思いがあるのかを、あなた自身が知る必要があります。

これを導き出すためには、効果的な問いを自分に投げかける必要があります。

それが自己分析です。

効果的な自己分析をしていると自分のやりたいこと、好きなことが見えてきます。

ぜひ、メールセミナー(無料)をご受講ください

好きなことを仕事にするには