コラム9 自己投資という考え方 ー自分を成長株としてとらえる

コラム9 自己投資という考え方 ー自分を成長株としてとらえる

投資のイメージを変える

「投資」という言葉の持つイメージはやはり「お金」ではないでしょうか。それから株とか、不動産。

何のために投資するかと言うと、それは将来の利益を見越してお金をかけるわけです。

もちろん、お金をかけて株や不動産を購入するのもよいでしょう。

ただ、それは投資するところまでは自分で決めることができますが、その後のことはもう運を天に任せるしかないのです。コントロールができません。

外側のもの(株や不動産)はあなた1人の力ではどうすることもできません。世の中の経済状況に左右されます。政治や天災なども影響します。

自分に目を向ける

外側にばかり目がいくと大切なものを見失ってしまいます。

それはあなた自身です。

あなたは、あなた自身が成長株であるということを自覚しているでしょうか。

あなた自身はあなた次第でどうすることもできます。

自分を成長株ととらえたとき、自分のためにコストを支払うことは決して無駄ではなく、むしろ賢い選択なのです。

あなたは成長株なのです。

そして、その自分への投資の一つとして自分のことを良く知るということをお勧めしています。

自分のことが分かれば、自分の行く道も見えてきます。そして、あなたの将来を確実に豊かなものにするのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です