エントリーシートの力の入れどころ

エントリーシートで必ず書かないと行けないのは志望動機、将来の展望、学生時代に頑張ったことの3つです。他にも企業によってたくさん項目を設けているところもありますが、力を入れるのはこの3つです。

1 志望動機

ここが一番大事です。「なぜ我が社で働きたいのですか?」という問いは、面接でも必ずきかれます。

最初の面接から最後の面接まで毎回きかれるかもしれません。

エントリーシートは最初に出したものがずっと残ります。面接で話していることと、エントリーシートに書いた内容が違ったり、ずれていたりすると印象は悪いです。というより不採用になります。ですから、ここに書いたことはその企業を受けている間はずっと持ち続けることのできるものでないと行けません。

使い回しが一番できないのはこの項目です。企業ごとに書き直して下さい。

2 将来の展望

将来の展望についてはいろいろな問われ方をします。

「あなたは我が社でどんなことをしたいですか?」

というのもあれば

「あなたは将来どんなビジネスをしたいですか?」

というのもあります。

いずれにしろ、あなたの未来を書くことになります。

ここで陥りやすいことがあるのです。

「企業の活動が〇〇だから私は××をしたい」という書き方はNGです。企業の現状から自分のビジョンを考えるというのはあまり受けません。それはあなたの主体性のなさをアピールすることになるからです。また、これだと、この企業に不採用になったらあなたのビジョンは実現されなくなってしまう訳です。つまり、「内定をとるのがゴールです」と言っているようなものなのです。

逆なのです。「私は〇〇をしたい。だから御社の××という活動に是非とも関わらせて下さい」という書き方をするのです。自分のビジョンがあって、そのビジョンを実現する企業が御社である。ということが伝わります。あなたの主体性が伝わるのです。

3 学生時代に頑張ったこと

ここで書きたくなるのは課外活動。サークルのリーダーだった。部活で企画をした。ボランティア活動を頑張った。留学をした。これを押し通すのはちょっと弱いです。ここにも落とし穴があります。

もちろん課外活動についての項目があれば書いて下さい。

ただ、学生時代に頑張ったことは勉強であって欲しいのです。あなたは大学で何を学びどんな知識や知恵を得たのか。その結果、どう視野が身に付いたのか。そしてその考え方が社会でどう役に立ちそうなのかということです。どんな研究室に所属し、専門は何なのか。ただ、大学の専門分野はとても細かくて面接の限られた時間では説明がなかなか難しいです。ですから、エントリーシートに分かりやすく書くのです。ここに関しては担当の教授に相談することをお勧めします。

以上3点をどれだけ簡潔に、かつ分かりやすく書くか。これがエントリーシートで振り分けられるポイントです。