○仕事選びの基準をつくる

仕事を選ぶ基準は次の3つ

①自分の好き嫌い

②やりたいやりたくない

③得手不得手

これが仕事選びの基準なんですね。

この基準を待遇面、給与面におくこともできます。

しかし、

それを後回しの基準にできるかどうかが

好きなことを仕事にできるかどうかの分かれ目です。

これまでであった若い社会人の多くが、給料が高いから今の仕事は満足とは言わないのです。

給料は高いけどいろいろ不満はある・・・

ある程度安定しているけどやりたい仕事ではない・・・

という声があるのです。

その一方で、給料は少ないけど、仕事に満足している。

という人は少なからずいます。

仕事を人生の時間を侵す嫌なものとしてとらえるのはもはやサラリーマン全盛の高度成長期からバブルあたりまでの発想です。今は仕事は自分の人生の一つの表現です。どんな形で表現するかは自由ですが、それを自分も他人も幸せになる形で表現できることが最良とされています。

お客様に尽くして良いサービスはするけど、提供する側が疲れきってしまうというのはちょっとやりすぎです。働いている人は満足ですが、お客様が不満タラタラというのもよくない。

やはり自分が喜んでやっていることが、相手にも喜ばれる。

ここを目指して仕事をしていきたいと思いませんか?