好き嫌いが明確か不明確かどうかで選択の仕方が全然違ってくるのです。心の底から納得して決められるか、まあ、いいやとして自分に妥協して決めてしまうかです。後者でもうまくいくこともありますが、それは極めて勝つ確率の低いかけです。勝ち組負け組ということばがありますが、勝つ確率を上げる方法の一つが自分を知る、そして好き嫌いを知っておくことです。

この好き嫌いはバランスで、片方だけを追求するともう片方も見えてきます。嫌いを追求すると好きも見えてきますし、好きを追求すると嫌いが見えてきます。ここでは加点法アプローチが主眼ですので、好きを追求する方法で行きます。人には得意不得意があるのですが、嫌いを追求していくとだんだんとしんどくなってしまうのです。嫌いを追求して行き着くのはすべてからの否定と全てへの否定です。ですから好きを追求します。

さて、ここでとっても漠然とした質問をします。あなたの好きなことはどんなことですか?

ありがとうございます。漠然としますね。では、明日命が尽きるとして、今日それをしますか?要はそれが自分の人生の本質と結びついた好きなのかどうかということです。

では、ちょっと人生の本質とかいうとんでもないところを考えてみましょう。

さっきの質問と少し似ています。あと1カ月の寿命だったとして、あなたの人生を満足させるには何が必要ですか?考えてみてください。

そして、これは正解がありません。いいとか悪いとか、あの人の方が私よりすごいとか、私のはほかの人よりも劣っているとか、そういうのはありません。どれも正しいですし、今日、この時の今の答えで十分です。さらに、この問いは変化し続けます。おそらくメールセミナーを受講してくださると一層、深まっていきます。

好きなことを仕事にするには