こんにちは、オオクボです。

ブログを読んで下さりありがとうございます。

今回は仕事の中でどうしても耐えないと行けない局面

についてお話しします。

仕事に就くとどうしても

耐えないと行けない局面がでてきます。

それは時間的に拘束されたり、膨大な作業を任されたり、

嫌な人と仕事を一緒にしないと行けないところです。

こう言う時は不満が出ます。腹もたちます。

人間ですから感情が出て来たって良いんです。

だからといって、仕事を辞めるというわけには行かない。

さぼることもゆるされません。

こう言う時はどうしても耐える

ことが求められるのですね。

これまでも耐えて来たことはあるかもしれません。

アルバイトを経験された方であれば、

バイトなのに責任のある立場を任されていた方もいらっしゃると思います。

ただ、すこし厳しい言い方をするとバイトに任せられる程度の責任とも言えるのです。

しかし、これから働き続けていくうちに、

経営に影響する責任を負うことになります。

その責任の重圧はかなりの労力で耐え抜かなければなりません。

さて、ここを耐え抜けるかどうかのポイントは

その仕事を好きか?

と言うことなんです。

好きな仕事なら耐えられます。

しかし、好きでもない仕事であれば耐えることはできません。

ただ、「好きな仕事」というものが何かわからない。

「好きなことを仕事にすることなんてできない」

と思っていらっしゃる方がいます。

それは確かにある面では正解です。

でも、その考えに縛られる必要もないです。

好きなことを見つけてそれを仕事にする。

これさえできれば、必ずどんなことがあっても

仕事を耐え抜くことができるようになります。

最後までお読みくださりありがとうございます。

あなたの好きなことを見つけるお手伝い。こちらのメールマガジンで行っております。

就活の心構え