こんにちは、就活コーチの大久保です。

5月も終わりになり、6月です。

多くの企業がこの6月までに内定を出しているようです。

(ソースはここですhttp://toyokeizai.net/articles/-/158630?page=2)

周りに内定もらっている人が出てくるのも不思議ではないです。

そんな中、

「自分はまだ内定どころか面接に進んだ企業も2社くらいしかない」

となると、結構焦りますよね。

就職活動は受験と違って、内定を出す時期がバラバラですから、

早く決まる人、遅く決まる人がいるのは当然のことです。

しかし、

状況がどうだということが分かっていても焦りますね。

それは当然のことです。

でも、焦っても仕方ないじゃないですか。

焦って内定がもらえる訳ではないのですから

それよりも、大切なのは

絶対に内定を採るぞ!

というあきらめない気持ちです。

この気持ちさえあれば、時間はかかるかもしれませんが

必ず内定がもらえます。

なんで自分だけが・・・

と思わないで、とりあえずは、やり続ける。

これしかないですね。

この時期になると、就職活動をはじめた頃の勢いはなくなります。

行きたいと思っていた企業から不採用になった人もいるでしょう。

そうなってしまったのはなぜか?

就活と学校の評価の違いは、努力や学力ではないということです。

いかに自分のことを分かって、それを言葉にできるかです。

ポイントはあなたがどんな人かが相手に伝わることです。

そのために

自己分析をしましょう。

「え〜、今更かよ〜」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

同じやり方をしていても上手く行かないのです。

やり方を変える時期が来たと言うことです。

内定が採りたいならまず

あなた自身が自分のことを知る

という土台作りをする必要があります。

自己分析で得られることは?