こんにちは、就活コーチの大久保です。

就職活動はあるいみ誘惑が多いです。

特に興味がなくても時間があるからと言って説明会に行くと

ちょっと面白そうだったり、

適当にエントリーしたらなぜか面接をパスしたり

1番ではないけれども6番目か7番目くらいに行きたい企業から内定をもらったり

自分の中に確固たる目的がないとぶれてしまいます。

そこで、考えていただきたい。

まず、就職活動は誰のためにするのか?

ということです。

この答えは明確ですよね。

自分のためです。

でも、実はこれがぶれているから誘惑に負けるのです。

「え、どういうこと?」

『楽をするため』

『友だちに自慢するため』

『親を安心するため』

にいつの間にか置き換わっていませんか?

自分のため

と言ったときの目的は

自己実現のためですよね。

楽をするためとか、友だちに自慢するため

って言うのもそりゃ、自分のためですけど、

1年後、その目的を達成したことをよかったと思えるでしょうか?

目的がぶれてしまう理由は簡単です。

自己分析が足りていないのです。

きちんとした自己分析をやっていれば

あなたの就職活動の目的は決してぶれることはありません

自己分析で得られることは?