私が生まれたのは高度経済成長の最後の方。1980年。

そのあとバブルがはじけて不況が続きました。

私の中学、高校の時代はまさに不況のまっただ中。

だから、受けた教育の中にも「世の中は不況だ」という思いが織り込まれていた。

いつしか、私の頭はいつも「日本は不況だ」という思い込みが出来上がってしまったのです。

そして、私もそうですが、おそらくあなたの親世代もこの日本が常に不況であるかのような思い込みを持っています。

私はこれを「不況マインド」と名付けました。

この不況マインドがある親と、そうではないあなたの社会全体、そして就職や仕事に対する考え方が違うのは当然です。

それと同時に、もめるのも当然です。

不況マインドの人 → 安定した仕事に就きなさい。仕事があるだけでもありがたく思いなさい。

不況マインドのない人 → 仕事はたくさんある。とりあえずやりたいことをがんばって困ったら働けばいいや。

もっと極端に言うと・・・

不況マインドの人は「仕事がない」という考え。不況マインドのない人は「仕事はある」と思っています。さらに言うなれば、不況マインドはクビになることを恐れています。実際にリストラを経験した人もいますから、その怖さも知っているわけです。

世の中が不況であれば、不況マインドの慎重さも必要です。

しかし、

実際に今の日本は不況ではありません。

ビックリするくらい景気が良いのです。

有効求人倍率を見ても1.5倍を超えます。東京は2倍を超えています。新卒者に対する求人倍率はもっと上です。中途採用者に大してすら正社員の求人が1倍を超えています。これは過去最高の数値なのです。どこも人手不足ですから、人を集めるために待遇を改善する。リーマンショック以前の状態よりも景気がいいです。

行政が発表する景気に関する指標はなんでも上向きです。最低賃金も上がっています。(むしろあがり続けています)

世の中の景気を見ていくことはとても大切ですが、就活中にそんなことをいちいち調べる必要はありません。

ただ、今は圧倒的に売り手市場、

つまり、人手不足なので働く先を選べる時代なのです。だからといってどこでもエントリーすれば採用されると言う訳ではありません。ただ、働き先はいくつでもあるので、

不採用になり続けても、必ず仕事が見つかります。

しかし、親世代は不況に苦労した世代です。ですから、なかなか今の就活生の自由さというものを分かってくれない。

さらに不況マインドは強く、あなたが具体的な数値や味わっている売り手市場の感覚を伝えてもなかなか信じてくれません。

親を説得する時間は正直無駄です。そんなことよりも自分のやりたいことを見つけて就職先を決めてしまった方が有効です。理解のない親とは必ずもめます。でも、そのもめることを通してあなたは真に自立していきます。不況マインドからも外れていきます。

親ともめるのは誰が悪い訳ではありません。生きて来た背景が違うので仕方がないのです。そこで育まれた考え方の違いです。考え方が違うのだということを互いが分かれば、意外ともめることはなくなったりもします。