会社の即戦力になる方法

初めからスキルのある人間はいません。

新入社員は横並びでスタートです。

新入社員だから会社も即戦力を期待はしていません。しかし、こいつはすぐに使えるぞと先輩に思わせる方法があります。

それはコミュニケーション能力を磨くことです。

そう思わせるコミュニケーションは敬意をもって先輩や上司の話を聴くことです。

そして反論はせずに聴きぬくのです。そうすれは「あいつは物分かりの良い奴だ」となります。

そうすると、仕事を教えることが「手間」ではなく「人育て」となり上の人たちもそれが「楽しみ」になるのです。

しかし、就職すると職場にはいろいろな人がいます。

上から目線でものを言ってくる人

無愛想にしか返事をしてくれない人

なぜかいつも1人でいる人

良く話しかけてくるけど仕事ができない人

様々いる訳です。

そんな人とのコミュニケーションにも「聴く」ということはとても有効です。

入社して1〜2年は自分の主張はせずにとにかく謙虚に話を聴くことです。