採用の為の面接で必ず聴かれるのが志望動機です。逆に志望動機を聴いてこない企業は怪しいです。

まともなところなら志望動機を聴いてきます。自分を知って、これからのことを考えると、選択肢の軸が変わってくるのです。そして、なぜその会社を選んだのか、志望動機が明確になります。面接では必ず聞かれます。またはエントリーシートに書かされる場合があります。その時に、どこかの参考書から持ってきたテンプレート的な志望動機を述べるか、自分はこういう人間で、こういうことがしたい。そこに面白みを感じている。

私の思いをもっとも、社会に貢献する形で実施しているのが御社です。まあ、これもテンプレート的ですが。自分の思いと企業の活動が結びつく志望動機では力強さが違うのです。面接官の心をつかむ志望動機を語ることが出来ます。そもそもなぜ、志望動機をエントリーシートに書かせているのに、面接でも尋ねるか?それだけ大切だからです。そして書いてあることが本当にこの人の言葉なのだろうか、そこの真偽を確かめる為です。書いてあることは立派でも話している内容が薄っぺらいのでは説得力がありません。やはり説得力を増すには多少言葉がへたくそでも自分の言葉で書き、話すことです。その為にもよくよく自分のことを知ることです。

確かな志望動機がみつかる

好きなことを仕事にするための自己分析

好きなことを仕事にするには