学生側から見た時の就職活動の目的はよい就職先を見つけ、採用してもらうこと。

一方、企業側から見たらよい社員を採用することである。

採用されるためには「よい社員」と思ってもらう必要があります。

ただ、ここに落とし穴があります

企業が考える「よい社員」というのはその企業の方針とも関係してきます。

ですから一般化はできないのです。

従順な人を採用したい企業もあれば、奇抜なアイディアを言ってくれる人が欲しい企業もあります。

一様にテンプレート的な答えを言われると採用担当者は「あー、またか」と思ってあなたの個性を見る前に、悪い印象を持ってしまうのです。

もちろん、挨拶や言葉遣いはマナーとしてきちんとしないと行けません。

しかし、あなたの考えや、気持ちまで「よい社員」的な振る舞いをする必要はありません。

あなたが考える「よい社員」と企業が考える「よい社員」がそもそも一致していないのです。

ある企業にどうしても採用されたいのであれば、その企業について熟知することです。リクナビに載っている情報に加えてその企業のホームページ、かつてニュースになった記事など、ネットで調べればいくらでも出てきます。

「よい社員」を演じる前に、その企業に対する情熱を見えないところでも燃やしておくことの方が、あなたの思いが面接官を初めとする採用担当者に届きます。