就職活動の面接における第一印象はとても重要です。

ここで良い印象を与えられるかどうかでその面接の雰囲気が変わってしまうからです。

そこで、この第一印象を頑張って良くしたいと思いがちですが、一朝一夕で変わらないのがこの第一印象なのです。

頑張って笑顔をとりつくろったり、無理にハキハキとあいさつしようとしたりしても、表面的なものはすぐに見抜かれてしまいます。

第一印象はあなたの内面が反映されるからです。

その面接にどれだけ思いがあるか。

その面接のためにどれだけ自分が話すことを考えたか。

どれだけその企業で働きたいと熱望しているか。

その面接に至る、ために心の準備をどれだけしてきたかということが一つの大切な要素です。

また、あなたが普段、どのように物事をとらえているかということも影響します。

悲観的な人は悲観的な顔に、気楽な人は気楽な顔に、楽し気な人は楽しげな顔にとあなたの普段のものとらえ方はそのまま普段の表情(表情のデフォルト)に繋がるのです。

第一印象をよりよくするには、付け焼刃で気に対策をするのではなく、じっくり自分の人生を考えることをお勧めします。

長い目で見てもあなたが今以上に輝くためには、今のあなたが考えていること、そしてこれからの方向性をしっかり見据える必要があるのです。