就職活動で大切なのは面接です。

面接で低い評価を受けてしまうと、

採用されることはまずありません。

面接で低い評価を受けてしまう3つポイントがあります。

今回はその1つ目をお伝えします。

それは

話している内容が借り物である

です。

面接では自分の言葉で答えましょう。

本で読んだり、友だちが言っていたフレーズを

そのまま伝えても

相手は妙な違和感を感じます。

その違和感があなた自身の雰囲気と

言葉のずれなのです。

学生時代に頑張ったことは何か?

と尋ねられて、

みんなが答えそうなこともNG

同じようなことを言っても

そこにあなたのオリジナリティが欲しい

「学生時代に頑張ったのは、サークルとアルバイトと・・・」

これでも良いのです。

ただ、ここにあなたのオリジナリティが欲しいのです。

面接で人に埋もれないためにも

自身のオリジナリティを出していきましょう。