面接ではあなたが話す言葉に加えて非言語部分も見られます。

非言語部分とは

表情、声のトーン、話すスピード、体の動きなど

様々な情報です。

面接でNGになるのは実は非言語部分の態度。

これが横柄、上から目線であることです。

一般的に言われているのは、

言葉よりもこの非言語部分で伝わることの方が

相手には真実を伝えると言うことです。

たとえば、

「言われた仕事は何でもします」

と謙遜に言葉で伝えても

その言い方が軽々しかったら

伝わるのは軽々しい態度の方なのです。

非言語部分については普段の態度、考え方が出ます。

その場で付け焼き刃で直せるものではありません。

面接でNGをもらわないためにも日々の生活の中で

自分の態度を見つめ直しておく必要があります。