面接>エントリーシート>SPI の順が就職活動の重要度

就職活動で最も大切なのは面接です。面接でいかに好感を持たれるかで勝負が変わってくるのです。面接のない採用活動はありません。

そして、その面接にたどり着くために次に重要なのが、エントリーシート。

面接とエントリーシートの重要性

エントリーシートは「この人面白そう」、「会ってみたい」と思ってもらうためのものです。

ですから、そこではあなたの個性や熱意や、社会人として何をしたいかというビジョンを明確に書くのです。そしてその熱い思いに採用担当の人が触れてあなたに会いたいと思うのです。

そして、面接を迎える。そこでは相手に「一緒に働きたい」と思わせるのです。あなたが職場にいると、戦力にもなる、雰囲気もよくなりそうだ。

こんな印象を持ってもらえるかどうかがあなたの面接でのうでの見せ所です。

面接で何を語るのか?それはエントリーシートに書いたことです。そこに矛盾がないか、嘘偽りがないかは当然見られます。

さらに相手に好感を持ってもらうのは、エントリーシートに書いた内容以上にあなたの言葉に情熱と迫力を感じるかです。

SPIの重要性がなぜ一番下なのか?

さて、ここまで触れていないSPIです。

これはあまり気にしないで下さい。

といっても気になるかもしれませんので、対策本を1冊かってパラパラと読んでみる程度で十分です。

なぜならSPIは採用の決め手にはならないのです。

あなたが採用担当だとして。

Aさん 面接で好感を持った学生のSPIのスコアがいまいちだった。でも人並みにはとっている。

Bさん 面接ではいまいちパッとしない。でもSPIのスコアはトップ。

1人選ぶとしたらどっちでしょうか?

よっぽど事務処理能力のある人を求めていない限りはAさんを採用します。なぜならSPIで評価されるレベルのことであれば社会人になってからでも教えられます。

しかし、面接での印象を良くするような人間性に触れる部分は、社会人になってからは育てるのに手間がかかるのです。

ではなぜ、いちいちSPIの試験をするのか?と言うことです。

それはズバリ、相手に不採用通知をだすためです。

面接の後に「不採用」というのは相手を傷つけかねない。

しかし、学力試験のあとの「不採用」は勉強が足らないと思わせることができます。

まとめ

冒頭に面接>エントリーシート>SPIと書きましたが、

実際は面接>エントリーシート>>>>>>>SPIです。

おそらくこれまでの進路選択とは逆のことが迫られているはずです。

大学生までは学力さえ磨けばなんとかなりました。

しかし、就職活動は学力よりもあなたの社会人としての思いや、これまでの生き様、そして仕事観が問われるのです。

面接とエントリーシートにあなたの熱い思いをぶつけるには、「自分が何をしたいのか」を明確にする必要があります。

それはあなた自身に問いかけないと見えてこないことです。

私はこのサイトであなたの仕事観、情熱を探ることのでことのできる効果的な質問を用意しております。まずは無料のメールセミナーをご購読ください。