こんにちは就活コーチの大久保です。
今日は面接をいつもと違った角度から見てみましょう。
就活における面接の目的は、採用する側が、面接に来た人がどんな人かを知るためです。
面接では雑談を求められることがあります。面接で見たいのは素のあなた。だから、あえて奇抜な質問をします。そこで雑談できるかどうかです。できないことが悪いのではなく、そこで構え続けていると相手が知りたいことが知れないのです。ですから、結局アピールになりません。
ですから、企業によっては志望動機を重視しないというところもあります。
なぜなら、志望動機に本音は出にくいからです。
それよりも、
就活生が考えていないような質問をしてきます。
そして、その質問に対する答えと、
そこからどんな話ができるかの会話ん見ているのです。
つまり、
コミュニケーション能力です。
そして、結果として雑談することになるわけです。

雑談するための面接

と言ってもよいくらいです。
なぜなら、雑談の中に本心が出てくるわけですからね。

有名企業や大手企業ほど
応募人数がおおい。
ですからそういう企業ほど個性を見たがります。
そこでは雑談する力が求められるのです。
そして、
就活生がどんなところに関心をもっているかをしりたいのです。
または、
ピンチの時にどのように振る舞えるかも知りたいのです。
そうすると決まりきった質問ではなかなかその雑談ができないわけです。
就職活動は質問対策みたいなものですから。
そういう手の内が分かっているから、
面接官は雑談をふってくるわけです。
相手が知りたいのは素のあなたなのです。
ですから、ちょっと奇抜な質問が来た。
と思ったら、緊張してあたふたするのも含めて、
素のあなたで対応すれば良いのです。
就職活動もコミュニケーションの一つなのです。
==================
わたしの就職活動
 http://be-community2017.com/