こんにちは、就活コーチの大久保です。

自己分析のワークシートが本当にたくさんあります。

どのワークシートを使っても良いと思います。

ただ、目的が何か?

を考えて使わないと行けません。

自己分析の目的

それはエントリーシートや面接で自分のことを語る。

ということです。

そのためには自分のことを良く知らないと行けません。

自分のことを良く知ると次のことを明確に話せるようになります。

「私の好きなことは〇〇です」

「私がやりたいことは★★です」

「私は●●な人間です」

「私は▲▲は得意で、□□は不得意です」

少なくともこれくらいは話せるようになります。

さらに学生時代の情報まできちんと整理すると

「私が学生時代にがんばったのは××です」

「私は学生時代に××の経験を通して〜〜を学びました」

など。

簡潔かつ明瞭に語れることが大事です。

私もつい言ってしまいがちなのが

「〜という風に」とか「というような」などの婉曲表現です。

文に力がなくなります。

あと語尾が「〜と思います」などです。

かつて、中学生の担任をしているときに、

宿泊学習の感想文を生徒に書いてもらいました。

ある生徒の語尾が全部「びっくりしました」でした。

『山登りでは、途中へびに出会いびっくりしました。そのあと山頂の公園でお弁当を食べました。〇〇くんのお弁当箱の大きさにびっくりしました。そして休み時間は、体育の先生といっしょにサッカーをしました。先生がサッカーがうまくてびっくりしました。・・・」

まあ、中学生の文章ですから、と思わずに、大学生でもこの「びっくりしました」が「思いました」となっていること多数です。

語尾って気付かないんですよね。

なんか、最後は違う話になりましたが、

とにかく、自己分析で自分を知ると、文章も言い切りができるようになります。すると、面接での話す言葉のキレが全然違うんです。

もうすぐ、今のメールセミナーは有料版に格上げします。たぶん1万円くらいになると思います。今のうちに申し込んで下さい。

今のバージョンが無料なのは6月中旬までです。

自己分析で得られることは?