こんにちは、就活コーチの大久保です。

今日は面接に関して考えてみましょう。

面接は就職活動をする上で必ずとおります。

面接なしで採用される企業。これは間違いなくブラックです。

応募して来たらだれでもいいからとる。そして、その人が辞めたら次を探す。

そんな感じなので、

まあ、まともな企業であれば面接は確実にあります。

とはいえ、

この面接と言う状況かなり特殊ですよね。

向こうには大人が数名いて

こちらは1人。

グループ面接の場合は両方がもっと多いですね。

一対一の面接というのは、ある程度の規模のある企業では

あり得ません。

人を1人採用するというのはそれだけでコストですから、

やはり複数の目で客観的な評価を下さないと行けないからです。

とはいえ、

複数のベテラン社員VS若い大学生一人

という構図は、

圧迫面接ではなくても

不安になってしまいますよね。

面接は怖いもの!

と思っている人もいるかもしれませんが、

むしろ逆です。

あなたをアピールする場所ですからね。

面接はあなたがステージにいて、面接官は観客

なのです。

そして、いいパフォーマンスができる人を採用する。

まあ、お客さんをファンにしてしまえば勝ちなのです。

面接は確かに緊張しますが、

あいてもそこそこに緊張します。

あなたが面接の場面を

「自分のためのステージ」ととらえて臨めば

きっとあなたが思っている以上の結果が出ます。

自己分析で得られることは?