就職活動の目標は内定をとることなりがちです。

でも、たくさん内定をとっても就職できるのは1社です。

では、その1社を最初から狙い撃ちにすれば・・・

というのが難しいですね。1社を受けてもそこがダメだったらどうしよう。

と考えてしまうのですから。

この不安は誰にでもありますし、あって当然のことです。

では、1社ではなく、10社くらいにしぼって、受ける。

すると、自分のやりたい仕事を自ずとしぼらないと行けません。

よく

「50社はエントリーシートを書こう」とか、「80社は説明会に出かけよう」

なんていう記事もありますが、

たくさん受けても、そのぶん、不採用通知がくるだけで

落ち込む材料が増えます。

 

50社エントリーシートを書く労力を

自己分析に費やした方が、よっぽど内定に近くなります。

企業が知りたいのはあなたがどんな人なのかということなのです。

それはあなたが自分自身をよく知って、言葉にして伝えられないとできません。

自己分析は内定への近道になるだけではなく、

あなたのやりたいことを見いだすためのものでもあるのです。

自己分析で得られることは?