こんにちは、就活コーチの大久保です。

自分の考えを明確に知る。

これは意外とやられていないことなんです。でもこれも自己分析でできてしまいます。

就職活動は情報が多く、その量に翻弄されてしまいます。

どの企業が採用人数が多いだとか、どの企業に行けば将来安泰だとか、給料のいい企業はどこだとか・・・

そんな情報に翻弄されてしまうと自分が何を考えているのかわからなくなるのです。

と言うより、それを考える時間がなくなってしまいます。

就職後3年以内に離職する新卒者が30%。

その人達が挙げる離職の理由は、

「自分がやりたいことではなかった」

ということです。

そして、

もっと就職活動の時に自分が何をしたいのかをきちんと考えておけばよかった」と言われます。

就職活動はとても面倒です。特に長期化してしまうと、

「どこでもいいから内定くれ!!」となってしまいます。

3年以内に離職する人の4割以上が「最初に内定をくれた企業」に就職しています。

どこでもいい

という気持ちで臨めばどこでもいいということで、就職しやすい、内定をくれそうな企業を自然と選んでしまうのです。

早期離職は結構メンタルにも来ます。

その意味においても、自己分析が重要だということがおわかりいただけるかと思います。

https://48auto.biz/be-community/touroku/entryform2.htm